初心者の方へ
  これからスポーツバイクを始めたい方にスポーツバイクの世界を簡単にご説明します。

種類   必要なもの
     
サイズ   価格

種類

一言にスポーツバイクと言っても様々な種類があります。代表的なスポーツバイクを紹介します。



●ロードバイク
ドロップハンドルや細いスリックタイヤが特徴の自転車。車体の重量は7〜10キロと軽量な物がほとんどです。通勤、通学など日常の移動手段からサイクリングやレース、ロングライド、ヒルクライムまで幅広く使えます。

  ロードバイク
ロードバイク
 

●マウンテンバイク
太いタイヤ、サスペンション、頑丈なフレームが特徴。未舗装の道を走ることに特化した自転車です。同じマウンテンバイクでも走る環境によって様々な種類があります。タフさを生かして日常の移動手段として使う方も多いです。

  マウンテンバイク
マウンテンバイク
 

●クロスバイク
初めてのスポーツバイクにクロスバイクを選ぶ方が多いです。
ロードバイクとマウンテンバイクの中間のような自転車。ロードバイクと同じサイズのタイヤ、マウンテンバイク用のパーツを搭載し、軽快さと快適性を両立させています。低価格で良品質な完成車も多いので通勤、通学など日常の移動手段にもおすすめです。
またクロスバイクと一言に言ってもロード用パーツを使用したロードバイク寄りのもの、サスペンションやブロックタイヤを装備したマウンテンバイク寄りのものなど様々なクロスバイクがあります。

  クロスバイク
クロスバイク
 

●ピストバイク
もともとは競輪などトラックを走ることが目的に作られた自転車です。そのため基本的にはノーブレーキ、シングルギア、固定ギアです。(公道を走行するには前後ブレーキの装着が必要です)最近ではシンプルな作りが人気となり、様々なカラーパーツでカスタムしファッション感覚で楽しむ方も多いです。

  ピストバイク
ピストバイク
 

●ミニベロ、折りたたみ自転車
小さなタイヤの自転車をミニベロと言います。タイヤが小さいからたくさんペダルを回さないといけないと思われる方もいますが、スポーツタイプのミニベロはタイヤが小さい分ギア比を上げて、クロスバイクと同等の走行が可能です。タイヤが小さいためフレームデザインの自由度が増し、個性的なデザインの車体も多いです。折りたたみ機能を持つ折りたたみ自転車は車に積んだり、旅行先に持って行ったりと普段の生活の幅を広げてくれます。
そのほかにも用途に応じて様々な自転車があります。詳しくは店頭でご相談ください。

  折りたたみ自転車
折りたたみ自転車
 

●こんな自転車に注意!
ホームセンターやディスカウント店、通販サイトなどで見かける2~3万円程度のスポーツバイクのような自転車。一見かっこよく見えますが、実は使われている素材やパーツはママチャリなどと同じもので、スポーツバイクに見せかけた「ルック車」「類型車」と言われる自転車です。耐久性、走行性能、重量などスポーツバイクとはまったく違います。けして勘違いなさらないように注意してください。

   
このページのトップへ

スポーツバイクライフにはシティサイクルと違い、ライトや鍵、スタンドなどは付属していないことがほとんどです。スポーツバイクを始める際に必要になる装備、あると楽しく快適になるグッツを紹介します。


●ライト(前照灯)
夜間走行するために必須のアイテムです。道路交通法でも義務付けられています。スポーツバイクではハンドル周辺に取り付ける電池式のライトが一般的。最近はLEDライトが主流です。高光度のLEDが増え電池寿命を心配する声も多く、充電式のライトが人気です。

  ドアリフォーム

ライト(前照灯)

トンネルがあったり、帰りが遅くなる事もあります。夜走る予定が無くても装備しましょう。

 

●リアライト
夜間走行するためにおすすめのアイテムです。車体の後方から見える位置に取り付けます。後方から接近する自動車などに存在をいち早くアピールし追突事故などを防ぐ働きがあります。

  ドアリフォーム リアライト
 

●鍵
大切な愛車を不届きものから守るために必須のアイテムです。自転車と駐輪する場所にある固定物を括りつける方法がおすすめです。大きさや形、素材など様々なタイプがあります。状況に合わせた鍵を選びましょう。

  カギ

長時間駐輪にはガッチリした鍵を、サイクリングには携帯性重視!

 

●フロアポンプ
スポーツバイクではタイヤチューブのバルブ形状が特殊な物がほとんどです。それに対応する空気入れが必要です。また、普通の自転車に比べ空気圧が高圧なタイヤも多いため空気圧管理は重要です。適切な空気圧管理をすることで快適に走行することができて、パンクしにくくなります。

  フロアポンプ

フロアポンプ

空気圧管理はメンテナンスの基本!

 

●ボトルケージ、ドリンクボトル
サイクリングの際の必須アイテムです。ボトルケージは車体の手の届きやすい位置に取り付けます。スポーツボトル用、ペットボトル用、様々なボトルに対応するアジャストタイプがあります。自転車用のドリンクボトルは片手でも開栓が容易で、走行しながらの水分補給も可能です。小まめに水分補給して快適なライディングを楽しみましょう。

  ボトルゲージ

ボトル、ボトルケージ

喉が乾く前に飲む!を心がけましょう

 

●サイクルコンピューター
走行速度、走行時間、走行距離、平均速度、最高速度などを表示する機械です。数字でわかることによってサイクリングの楽しみ方が倍増します。また最近では消費カロリーの計算、GPSで走行ルートを記録するなど高機能な機種も人気です。

  サイクルコンピューター

サイクルコンピューター

サイクリングの楽しさ倍増です!

 

●パンク修理セット
自転車に乗る上で一番多いトラブルがタイヤのパンクです。出先にいつでも近くに自転車店があるとは限りませんし、自分でできれば安く済みます。予備チューブ、タイヤレバー、携帯ポンプ、パンク修理キットとそれらを入れるサドルバックやツールボトルを装備しましょう。パンク修理やチューブ交換は慣れると難しくありません。自転車と長く付き合うためには覚えておかないといけない必須テクニックです。

  パンク修理セット

パンク修理セット

全部揃ったセットもあります

 

●スタンド
初めてスポーツバイクを始める人は驚かれるかもしれませんが、ほとんどのスポーツバイクはスタンドが付属されていません。通勤、通学など必要に応じて取り付けます。

  スタンド

スタンド

フレームに合うものを選びましょう

 

●ヘルメット、グローブ、ウエア
いざという時に皆さんを助けてくれるのがヘルメット。自転車のヘルメットと言うと流線型のロード用ヘルメットを考える方が多いかもしれませんが、自転車用ヘルメットも用途に応じて種類があります。ロードバイクに快適に乗れるように設計されたロード用。つば付で枝葉が顔に当たらないようになっているマウンテンバイク用。街中でアクティブに乗りたい人に人気のスケートタイプ。クラシカルな雰囲気が人気のカスク。など形状も素材もさまざまです。
自転車用グローブはハンドルから伝わる振動を吸収し疲労の軽減、転倒時の怪我防止などに役に立ちます。
自転車用ウエアは、長時間自転車に快適に乗れるように様々な工夫がなされています。上物のサイクルジャージは背中にポケットを配し、乗車時にポケットに荷物を入れても邪魔になりませんし、取り出しもスムーズです。
下物のレーサーパンツはサドルの形状に合わせたパッドが縫い付けられています。お尻に伝わる振動を吸収します。皆さんの乗り方、装いに合わせてコーディネートしてみましょう。

  ヘルメット・グローブ・ウェア

ヘルメット、グローブ、ウエア

カラーやデザインを合わせてトータルコーディネート!

 

●シューズ、ペダル
本格的なスポーツライドではシューズとペダルを固定するビンディングを使う方がほとんどです。ペダルから足が外れないと転倒すると思われるかもしれませんが、着脱は慣れると簡単です。
踏み込みしかできないフラットペダルと違い、「回すペダリング」が可能になります。回すペダリングができると長時間のライディングでも疲れにくく、筋肉や関節の負担を小さくできます。乗り降りやブレーキングに慣れたらビンディングにすることをおすすめします。
スポーツバイクを始めるためには、車体以外に最低でも1~2万円程度の関連品が必要になります。
その他にも自転車グッツは多種多様です。皆さんのライフスタイルに合わせてカスタマイズしてはいかがでしょうか?

  シューズ・ペダル

シューズ、ペダル

ワングレード上の走りを目指すには欠かせません

このページのトップへ

サイズ

 スポーツバイクにはサイズがあります。よく勘違いされますが、ホイールのサイズではなくフレームのサイズです。人それぞれ身長、座高、足の長さ、腕の長さが違います。サイズの合う自転車を選んで快適に乗りましょう。  サイズ表記はS・M・Lや○○○ミリ、○○インチなどメーカーによって様々です。ほとんどのメーカーがシートチューブ長をサイズとして表示しています。サイズ表示はシートチューブですが、サイズ選びで最も肝心なのはトップチューブ長です。トップチューブの長さでだいたいのハンドル~サドル間の長さがわかります。

 ハンドル~サドル間が短いと体が窮屈になります。ハンドル~サドル間が長すぎると上半身が伸びきってしまいます。できるだけ実車にまたがってサイズを確認することをおすすめします。

 また自分に合うサイズがわからない場合はお気軽にご相談ください。

 

小さいサイズ
・ジャイアント エスケープR3 

370ミリサイズ 

適応身長145〜160センチ

 

ドアリフォーム

・ジャイアント エスケープR3

500ミリサイズ

適応身長170〜185センチ

このページのトップへ

価格


 初めてスポーツバイクを始める方からの質問で特に多いのが自転車の価格についての質問。安いものは5万円ぐらいから、高いものは・・・ ここでは簡単にロードバイクを例に自転車の価格についてご説明します。


●5万円~10万円
通勤通学など日常の移動手段からゆったりしたサイクリングなどに向いています。中には価格を抑えるため安価なパーツを多用し耐久性、作動精度の悪いものもあります。本格的なスポーツライドが目的の方には不向きです。重量は9~10キロ程度。フレーム素材はアルミフレームがほとんどです。8~9段のリア変速機を搭載した車体が多いです。

  5~10万円

ジャイアント DEFY4 

 80,000円(税抜き)

 

●10万~20万円
スポーツとして自転車に乗りたい方におすすめできるのはこの価格帯からです。通勤通学など日常の移動手段から本格的なスポーツライドまで楽しめます。パーツの耐久性、作動精度は良い物が搭載されます。この価格帯の中でも、ゆったり乗りたい人は15万円ぐらいでも満足できると思いますが、本格的なスポーツライドが目的であれば20万円近くするモデルがおすすめです。重量は8~9キロ程度。フレーム素材はアルミフレームがほとんどですが、中にはクロモリ、カーボンなどもあります。9~11段のリア変速機を搭載しています。

  10万~20万 キャノンデールCAAD8 135,000円(税抜き)
    15-20

フォーカス CULEBRO SL 2.0

 179,000円(税抜き)

 

●20万円〜
本格的なスポーツライドを目的にした車体が多いです。パーツの耐久性、作動精度の良さはもちろん、フレームはライダーの力を確実に推進力に変換するため、軽量性、剛性を意識した工夫が各所になされています。重量は7~8キロ程度。フレーム素材はカーボンフレームがほとんどです。
ロードバイクを例に説明しましたが、クロスバイクやマウンテンバイクもパーツのグレード、フレーム素材などの違いで価格が変わります。ライディングスタイルに応じた価格帯を選びましょう。

  20万以上

ピナレロ RAZHA

 253,000円(税抜き)

このページのトップへ